リーバイス LEVI'S501

タイムレスクロージング
営業日PM2:00までの
ご注文は当日発送致します。
(定休日:毎週水曜日/日曜日)
送料は全国一律600円
(沖縄県は1200円)
10,800円以上購入で送料無料
ご注文はお電話でも承ります。
電話番号:0256-77-5700
(AM10:00〜PM7:00)
使用可能クレジットカード

HOME > ブランド一覧 > リーバイス > 501

リーバイス501

リーバイス501オリジナル未洗い誰もが1本は持っていなければいけないジーンズ、リーバイス501。今では当たり前となっている5ポケットやベルトループ、リベット補強にアーキュエイトステッチなど、ジーンズの仕様の殆どは全てリーバイス501から始まったといっても過言ではありません。数十年前のビンテージはプレミアムとなり、数多くのブランドがレプリカを企画するなど、リーバイス501はファッションのアイコンとし不動の地位を築いています。

当サイトでは近年定期的に仕様変更が加えられているリーバイス501を年代別にセレクト。生地感や加工にこだわるジャパン企画の501をはじめ、マニアに人気のアメリカ製ビンテージレプリカの501、アメリカ本国で流通するUSラインの現行501までを幅広くラインナップ。最新の501から廃盤モデルのデッドストック501、流通が制限されている限定モデルまで取り揃えています。

USラインのリーバイス501

ワークウエアとしての原点を感じさせるUSスタンダードモデル。

アメリカのリーバイストラウス社で企画され、全米で販売されるUSライン。現在ではヨーロッパ、日本を含め多くの国で企画・販売されているリーバイス501ですが、「LEVI'Sはやっぱりアメリカ本国企画じゃなくちゃ」という昔からのリーバイスファンに高く支持されているのがこのUSラインの501です。2003年にアメリカ国内の工場が閉鎖されて以降、USラインの生産国はコロンビア、メキシコなど中南米に移行。丈詰めなしでそのまま穿いていただける豊富なサイズレンジ、リーズナブルなプライスがポイントです。ワークウエアとして始まったリーバイス501の原点を感じさせる、デイリーに穿いていただけるアイテムです。

USリーバイス 501 シュリンクトゥフィット

日本製ポロシャツ

米国内で流通するUS501の中で最もスタンダードなモデル、「リーバイス501リジッド・シュリンクトゥフィット」の現行モデル。洗って縮めて体にフィットさせる昔ながらのシュリンクトゥフィット・デニム、80通りを超える幅広いサイズ レンジから、自分に合ったサイズを選べるのが特徴です。

商品購入ページへ

USリーバイス 501 ブラックマジック

英国製フレッドペリーM12Nポロシャツ

リーバイス米国企画501のブラックデニム。製品染めにより生み出される炭のような深い黒色は、通称ブラックマジックと呼ばれ多くのファンに親しまれています。きれいめカジュアルからジャケットスタイルまで幅広くマッチする1本です。

商品購入ページへ

LVC(リーバイス・ビンテージ・クロージング)

1870年代の誕生以来、ジーンズの歴史を開拓してきたリーバイス501。その歴代モデルを復刻したビンテージラインがLVC(リーバイス・ビンテージ・クロージング)です。LVCはリーバイストラウスジャパンで企画されていたビッグEシリーズの発展系としてスタート、現在ではオランダに本社を置くLVC社に移り企画・製造されています。リーバイ社に残るアーカイブを元に各年代のフィット、生地、ディテールを丁寧に復刻。本家本元のレプリカとして、ビンテージマニアをはじめ世界のリーバイスフリークに熱く支持されています。

44501 大戦モデル

リーバイス501 44501 大戦モデル

戦時中だけに限定された簡略化ディテールが特徴の「大戦モデル」。バックポケットのアーキュエイトはペンキステンシルで描かれ、フロントボタンにはドーナツボタンがあてがわれるなど、物資統制による制約が随所に見受けられるディテールに注目。

商品購入ページへ

501XX 1947

リーバイス501XX 1947

第二次世界大戦が終結した1947年に発売された、5ポケットジーンズの最終型と見なされている"501XX 1947 モデル"。戦時中に取り除かれていたウォッチポケットのリベットも再び打ち込まれるようになり、アーキュエットもステッチに戻されました。ストレート レッグのクラシックなスリムシルエットが特徴です。

商品購入ページへ

501XX 1955

リーバイス501XX 1955

ヴィンテージジーンズの完成形と賞される"501XX 1955 モデル"。1950年代、反骨精神に満ちた若者達に501を穿くことは一種のステイタスとして支持されました。ヒップ部分にゆとりをもたせた“アンチ・フィット”のつくり、脚の部分にゆとりを持たせた直線的なボックス・シルエットが特徴。

商品購入ページへ

リーバイス501 66モデル

リーバイス501XX 1966

作業着であったジーンズが若者達の間でファッションとして浸透していった60年代に販売されていた通称66モデル。丸みを帯びたウエストラインから裾に向かって細くなる美しいテーパードシルエットが特徴。歴代リーバイス501の中の最高傑作との呼び声も高いモデル。

商品購入ページへ

リーバイス レギュラー501

(参考商品)

アメリカ工場、最後の501。

'70年代以前のビンテージ501、'80年代のオールド501に対して、レギュラー501と通称されるのが主に'90年代から2003年までに製造された501です。アメリカ国内の工場でレギュラーに生産されていた最後の501としてファンに注目されているレンジ。ジーンズショップや古着ショップなどに未だデッドストックを見かけることも多く、手の届くビンテージとして高い人気があります。写真は'90年代後期に製造された501。最近の501と比べて、未洗い状態でやや白っぽく毛羽立ったような風合いで、数回の洗濯により毛羽立ちが収まってくるデニム生地が特徴的です。

 

リーバイス 03501

(参考商品)

リーバイス会社創立150周年にあたる2003年、製造コスト高を理由にバレンシア工場をはじめとするアメリカ国内の自社工場は全て閉鎖されました。USラインの製造はコロンビア、メキシコ、グアテマラ、ハイチなどの中南米の工場へと移管、これを機に501はフルモデルチェンジを果たしました。この2003年から2008年にモデルチェンジが行われるまで製造されていた501は通称03501と呼ばれています。

太腿やヒップにゆとりを持たせた太めのシルエットが特徴。バックポケットは大きくなり、アーキュエイトステッチは深く変化。ワーウウエアの雰囲気を強く感じさせる03501は、501のクラシックファンにも支持されました。

リーバイス 08501

ヨーロッパや日本を始め、現在では様々な国で企画製造されているリーバイス501。同じ501という品番を掲げながらもそれぞれのマーケットに合せて企画された501のシルエットやディテールには若干の違いが見られました。そんな中、米国リーバイストラウス社が中心となり企画国別の501を世界標準のシルエットに統一するというプロジェクトが発足。 世界10都市に及ぶカスタマー調査、膨大なサンプル見直しを実施することにより、伝統を重んじながらも時代にマッチする501の理想的なシルエットが研究されました。その結果を元に2008年にリーバイス501の世界統一シルエットが初めて誕生。2013年にシルエットチェンジが行われるまで、2008年から2012年の間に製造された501は通称08501と呼ばれています。

08501シルエットの特徴

それまでの03501と比較し、08501は太腿のゆとりを減らしてややスリムに変更。ヒップ周りを小さく、ウエストラインを下めに設定。モダンな雰囲気のスッキリとしたシルエットが特徴になっています。

リーバイス 08501リジッド

日本製ポロシャツ

洗って縮めて体にフィットさせる「シュリンクトゥフィット」、08501の未洗いリジッドモデル。米国コーンミルズ社が100年前の濃色インディゴデニムをイメージして作り上げたCONE XXX9デニムを使用。

商品購入ページへ

リーバイス 08501セルビッジ

日本製ポロシャツ

旧式のシャトル織機で時間をかけて織上げた味わい深いセルビッジデニムを使った08501。洗って縮めて体にフィットさせる昔ながらの「シュリンクトゥフィット」で、自分だけの経年変化を楽しめるモデル。

商品ページ(準備中)

リーバイス 08501リンス

英国製フレッドペリーM12Nポロシャツ

インディゴの濃色を残したまま柔らかくウォッシュしたリンスウォッシュの08501。2012年に501クラシックコレクションとして発売されたこのモデルには、翌年からスタートする13501で採用されるビンテージ・ディテールが先取りして搭載されています。米国コーンミルズ社の12.5オンスデニム、キングサイズを含む豊富なサイズ展開、長めのレングス設定が特徴。

商品購入ページへ

リーバイス 08501ビンテージライト

英国製フレッドペリーM12Nポロシャツ

加工を効かせたビンテージウォッシュの08501。2012年に501クラシックコレクションとして発売されたこのモデルには、翌年からスタートする13501で採用されるビンテージ・ディテールが先取りして搭載されています。米国コーンミルズ社の12.5オンスデニムを使用。

商品購入ページへ

リーバイス501(13501)

リーバイス 13501 セルビッジ リジッド

'90年代以降、最も細身になったリーバイス501。

世界標準シルエットの08501の発売から5年後の2013年、リーバイス501は時代に即した新たなシルエット(通称13501)へとリニューアルされました。13501は08501よりもウエストを0.5インチ大きく、ワタリ幅と裾幅は0.5インチ小さく設定。腰穿きしたい場合は同じサイズ表示で、細めのストレートとしてスッキリ穿きたい場合はワンサイズ下の表示を選ぶといったように、サイズのチョイスによっていろいろな穿き方に対応できるカッティングになっています。かつてのリーバイス501に使われていたビンテージなディテールを復刻しているのも特徴です。

商品購入ページへ

日本製 リーバイス 501 ミッドビンテージ

日本製 リーバイス 501 ミッドビンテージ

良質な日本製デニムを厳選し、全ての工程を日本国内で創り上げたプレミアムな「MADE IN JAPAN」モデル。職人によるユーズド加工でナチュラルに穿き込んだようなフィニッシュが魅力です。

商品購入ページへ

日本製 リーバイス 501 ダークビンテージ

日本製 リーバイス 501 ダークビンテージ

良質な日本製デニムを厳選し、全ての工程を日本国内で創り上げたプレミアムな「MADE IN JAPAN」モデル。濃色デニムの良さを残しつつ丁寧にユーズド加工されたモデル。液体アンモニアでソフトな風合いに仕上げているのもポイントです。
商品購入ページへ

リーバイス 501 リンス

英国製フレッドペリーM12Nポロシャツ

近年の501の中では最も細い モダンですっきりとしたシルエットとなった13501リンス。穿き込むほどに味が増すCONE社製デニム、深みのある濃色インディゴカラーがポイントです。

商品購入ページへ

リーバイス 501 ホワイトデニム

英国製フレッドペリーM12Nポロシャツ

1961年に誕生したホワイトデニムの501。発売されるやいなやアメリカ東海岸で大流行しました。以来、プレッピーファッションの定番アイテムとしての地位を確立。リーバイスが全米で支持されるきっかけとも言えるアイテムです。
商品購入ページへ

リーバイス 13501ビンテージライト

英国製フレッドペリーM12Nポロシャツ

加工を効かせたビンテージウォッシュの13501。米国コーンミルズ社の12.5オンスデニムに、繊細なシワ加工とインディゴの濃淡でリアルな経年変化が表現された一本。

商品購入ページへ

リーバイス 13501 ダークビンテージ

ダークカラーのビンテージウォッシュ13501。米国コーンミルズ社の12.5オンスデニムに、濃色インディゴを残しながらリアルなユーズド加工を施した、メリハリのあるフィニッシュがポイントです。

商品購入ページへ

リーバイス501の歴史

「ジーンズの原点にして頂点」と誰もが認めるリーバイス501。
その伝統のデザイン、ディテールは全てのジーンズに影響を及ぼし、誕生から130年経った現在でも世界中で多くの人々に愛されているモデルでもあります。
ワシントンのスミソニアン博物館にはリーバイス501が永久コレクションとして所蔵され、その歴史を物語っています。

リーバイス501誕生の瞬間

501の原型

最古の501

 それは重労働に耐えられる作業服として誕生した

 1950年代初頭、ゴールドラッシュに沸くアメリカ西部に辿り着いたドイツ人、リーバイストラウスがテントの地販売で起業したのは1857年に遡ります。
ストラウス社から生地を買いテントやカバーを作っていたヤコブ・デイビスの元に一人の夫人が訪れたのは1870年のこと。彼女は夫用の丈夫なパンツを求めていました。その求めに応じたヤコブは丈夫なテント生地に リベットで細部を補強したパンツを考案。その屈強なつくりが口コミで広がり瞬く間に人気を呼びました。
このリベットでの補強方法が盗用されるのを恐れたヤコブはストラウスに話しかけ、1873年に共同でその特許を取得。これこそが今に続くリーバイス501誕生の瞬間だったのです。

歴史の中で完成を遂げたリーバイス501のディテール

501ディテール

  現在殆どのジーンズに採用されている5ポケットパンツのディテールはリーバイス501に由来するといっても過言ではありません。そのデザインは1940年代には既に完成を見ていたというのは驚きです。

アーキュエイトステッチ

弓を引く形に似ていることから呼ばれたバックポケットの飾りステッチ。もともとは補強布を縫い付けるために1873年に考案されたものです。同年模造品と区別するディテールとして商標登録されたアーキュエイトステッチが衣料品の商標としては最古のものであるとされています。補強布を使用しなくなった現在でもリーバイスの象徴として残されています。

ウォッチポケット

製造ロットナンバーとして501という名称を使い始めた1890年頃、懐中時計を忍ばせる為の小さなポケットがデザインされました。ウォッチポケットと呼ばれたそのポケットはその後腕時計の普及に合わせてコインを入れるためのコインポケットと名称を変化し、現在の5ポケットジーンズの基本ディテールとなっています。

ベルトループ

1922年にはベルトループを考案。サスペンダー無しでも着用できることからワークウエアとしての利便性が一気に向上しました。

レッドタブ

ポケット脇にLEVI'Sのロゴを入れた赤いリボン、レッドタブ。1936年にロデオ大会の際に遠くからでも一目でリーバイスと分かるように考案。 その後、模造品と区別するためのディテールとして1938年に商標登録がなされました。

大戦モデルに注いだリーバイスのこだわり

501大戦モデルのディテール

簡略化を強いられたディテール

 1930年代まで西海岸を中心に普及していた501の全米拡大に一役買ったのが第2次世界大戦であったと言われています。当時西海岸に集中していた軍需産業業に全米から数十万人という労働者がウエストコーストへ移動し、501の頑強さに触れることになりました。

 一方、戦時中は物資の保護のため戦時生産局の指示により衣料から不必要なディテールの排除を余儀なくされていました。501のリベットは銅からスチール素材へ代わり、コインポケットのリベットを廃止。トップボタンは国威発揚のための月桂樹が刻印された安価な市販ボタンがあてがわれ、アーキュエイトステッチまでもが糸の節約を理由にペンキステッチへと変更されました。物資統制により簡素化を余儀なくされたジーンズはリーバイス社にとって大きな屈辱だったに違いありません。これが後のヴィンテージブームの中で「大戦モデル」として珍重されるのは皮肉な結果といえます。

 軍当局の指示はデニムのオンス数低下まで及びましたが、リーバイスはこれをかたくなに拒否。一見コットンの節約になると思われがちのオンス数の低下は、実は501(R)の耐久性を低下させることでかえって無駄につながるとワシントンに陳情しました。これにより、501のデニム生地は13.5オンスにまで増加したのです。 これは、長いジーンズ史の中でも、リーバイスのジーンズに対するこだわりを知る重要なエピソードだといえるでしょう。

カウンターカルチャーに支えられて浸透したリーバイス501

映画「理由なき反抗」

50年代の映画 『理由なき反抗』は当時の若者の社会への反抗を描く。
ジェームスディーンを起用したLEVI'Sの広告の影響で501の印象が強いですが、映画で着用していたのはLeeの101Zだったと言われています。

 長くブルーワーカーのためのワークウエアだったリーバイス501がファッションアイテムとして認められたのは、1950年代にハリウッドスターが劇中でジーンズを穿いて以来のこと。アメリカの黄金期とされる1950年代、豊かな中産階級の規範に反抗するティーンエイジャー達のユニフォームとして脚光を浴びたのがその始まりでした。
 続く1960年代、ベトナム戦争に対する大衆デモなど、'50年代に芽生えたティーンエイジャーたちの 反体制スピリッツが大きなムーブメントとなり、全世界へと飛び火。 501は彼ら活動家のユニフォームとして好んで穿かれることにより、 当時の若者たちが夢見た自由の象徴となり世界を駆け巡りました。
 1970年代、ヒッピー文化に理解を示したリーバイスは若者達の指示を更に広げる結果になりました。'74年に「デニム・アートコンテスト」と名付けたリメークコンテストを開催。2000点余りもの作品が寄せられ、18ヶ月に渡って全国を巡回することに。刺繍やスタッズなどで自分だけのリメークを施し、反体制的な自己主張をするといった流れはこの頃から始まっていたといえます。
 1980年代、デザイナーズジーンズの台頭、ストーンウォッシュやケミカルウォッシュなどの新たな加工がジーンズの世界を広げる中、80年代後半に登場した渋カジの初期には「リーバイス501にヘインズのTシャツか白いポロを合わせる」というシンプルなスタイルが一世を風靡。「デイリーウエアとしてのジーンズ」、「ジーンズの王道リーバイス501」が広く普及した時期でもありました。

レプリカに見るリーバイス501へのオマージュ

高まる古着嗜好の中、1990年代にはビンテージジーンズが脚光を浴びることになりました。 製造工程の近代化に合わせて失われた昔の「味わい」や「稀少性」にマーケットが注目。 古着やデッドストックのリーバイス501はその象徴として価格の高騰を招きました。 手が届かなくなったビンテージを再現するため、多くのクリエーターが歴代の501を糸の種類や織り方、リベットの素材にいたるまで忠実に再現。 クリエーター各々の独自のエッセンスを加えながらも、そのレプリカには本家リーバイス501へのオマージュ(敬意)が込められています。 このマーケットの広がりこそがリーバイス501の魅力を証明していると言えるのです。

世界標準リーバイス501の誕生

世界標準085012003年、リーバイスは生産工程の見直しからアメリカ工場を閉鎖。
以降のアメリカ企画501は中南米での製造にシフトされ、現在に至ります。
そして2008年、日本を始め様々な国で企画製造されていた501を 世界標準のシルエットに統一するというプロジェクトが発足。
世界10都市に及ぶカスタマー調査、膨大なサンプル見直しすることにより、現行のリーバイス501の世界統一シルエットが誕生しました。

今から130年以上も前に誕生し、長い歴史の中で完成度を高めながら
一貫したスタイルを守ってきたリーバイス501。
これから先も国と世代を越えて愛される永久の定番であることは間違いありません。

16 件中 1-16 件表示 







16 件中 1-16 件表示