れいわ時代の定番、ラングラーランチャー。

当店でロングセラーを続けるラングラー(WRANGLER)の定番、ランチャードレスジーンズ
1960年代にカウボーイ用のドレスアップ用ジーンズとして開発されて以来、アメリカ本国を始め、世界中で愛されている製品です。
センタープレスのドレッシーな雰囲気に、ワークウエアらしい気軽さ、イージーケアを兼ね備えた実用性の高さが人気の秘密。 細身のきれいなシルエット、穿きやすい生地感、抜群のコストパフォーマンスなどなどで高い支持を受け続けています。

GQ JAPAN「れいわ」時代の永久定番カタログに掲載いただきました。

cocochiyaウエブサイトでご購入いただいているご縁から、スタイリストでご活躍されている西又潤一氏にココチヤのクレジットを掲載いただきました。
西又氏は「れいわ」時代の永久定番としてラングラーランチャーの他に、プロダクトオールモストブラックのスウェット、パタゴニアのフリクションベルト、ヘインズ×ビューティー&ユースのパックT、グラフペーパーのセットアップ、クラークスオリジナルズのワラビーを紹介されています。

GQ JAPAN 12月号
「れいわ」時代の永久定番カタログ

「近年以上に着用率が高い僕の永久定番パンツで、コスパもシルエッットも最高の1本です。定番カラーのブラック、ネイビー、グレーをよく履いています」
各¥7,700(Wrangler/ココチヤ)

GQ JAPAN 12月号P131

セレクトのポイントは「見た目も機能もソリッドに」

偏愛傾向の強いモノ選びは、師匠である二村毅さん譲りだろうか。無地のモノトーンを中心としたセレクトは、トレンドなど気にせず使い続けていけるものばかり。無駄のないデザインと、高い機能性が際立っている。

GQ JAPAN 12月号P131

まさにラングラーランチャードレスジーンズはシンプルなデザインと機能性が両立しているプロダクトと言えますね。最近注目されている「ちょいフレア」シルエットの代表として若い方に支持されてますが、これきっかけで多くの方にご愛用いただきたいですね。

西又潤一氏

1983年北海道生まれ。2008年からスタイリスト二村毅氏に師事し、丸4年間のアシスタント経験を経て12年に独立する。以降メンズファッション誌を中心に、さまざまな広告、カタログ、アーティスト等をてがけている。

GQ JAPAN 12月号P131

西又氏には前回、「10年間はき続けている最高のフレアパンツ」として雑誌UOMOでもランチャードレスジーンズをご紹介いただいています。
西又さまありがとうございます。

ぜひ店頭でお試しください。

ラングラーランチャードレスジーンズはcocochiya店舗、ココチヤ本店ココチヤ楽天市場店ココチヤYahoo!ショッピング店にて販売中です。
サイズ感がキモなのでお近くの方は是非店頭でお試しください。

ランチャードレス販売ページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください