バブアー ビデイルSL 5年着用の経年変化が素敵すぎる!

ココチヤ店頭でよくお客様に質問される、Barbourワックスドコットン(オイルドコットン)ジャケットの経年変化について。

一度もリプルーフ(ワックスの再塗布)をしないで5年間着込んだ、スタッフ私物のビデイルSLはこんな感じですよ〜、という写真をご紹介します!

新品だと濡れたような黒っぽく艶のある見た目ですが、現在では艶が落ち着き、セージ色も明るくなりマットな質感になってきました。ワックスで手がベタつく感覚もなくなり、生地の表面はしっとりとしていて触ると気持ちいいです。

細部を見ると、ワックスが抜けたところと残っているところでの濃淡や、肩、ひじ部分のアタリなど、いい感じで風合いも良くなってきてますね。

そして5年も経つと、リプルーフをいつするかが悩みどころになってきます・・・ジャケットの耐久性と防水性を維持するには定期的なリプルーフが必要なんです。

このままベタつかない状態で着続けるか、しっかりリプルーフして末長く愛用していくか・・・スタッフもまだ悩み中ですが、これもバブアーならではの楽しみの一つかもしれませんね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください